リードスキルを使いこなそう!!

リードスキルを使いこなそう!!(リリーフ投手編)

リードスキルの使いどころは9回制のWP700リーグ・WP825リーグと考えています

限定②や、無制限リーグではどうしても球威やスキルが必要となってくるため、リード付の投手では制限がかかってしまい厳しいです。

まず、リードスキルのメリットは、なんといってもWPの節約・リリーフ投手の強化ができることでしょう

ファミスタの特徴として、リリーフ投手は先発投手に比べ能力が低め&コスト高めに設定されているので、リードスキルはリリーフ投手にこそ絶大な効果を発揮します

↓リード2付のWP35のリリーフとWP40~50のリード無し投手の比較↓

効果は一目瞭然ですね?

よって、リードの恩恵を受けられるリリーフ投手で、使える選手・選ぶ際のポイントを説明します

まず、リードを使った投手を選ぶ際に大切なのは

・左右両変化が大きい(特にシュート方向)

⇒片方の変化が大きくても、一方の変化が少ないと打たれる確率が高いです。※これ、重要です!!

・球威がそこそこあること(C:40~が目安)

⇒球威以下だと、高度な投球術がないと厳しいです。

そこで、この条件に合致しているリード1~リード3で使える投手をピックアップしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リード3で使える投手(リリーフ)

WP40のリリーフ投手です。ここまでくると、かなり使える投手が多いです、というか、ほとんどの選手が間違いなく戦力になってくれます。

なので、ここは私の選定基準(左右変化がある、球威がそこそこある)に基づいて、イチオシの投手を紹介します。

Image11_2

球威50B

Image12

球威50B

Image14

球威52B

Image15

球威47C(オススメ!)

Image13

球威51B(オススメ!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リード2で使える投手(リリーフ)

ここではWPが35で使えるリリーフ投手を紹介します。

球威がになる選手も存在し、だいぶ使いやすい域まで達しています。ただし、最初にも言いましたが、シュート方向の変化が小さすぎると(具体的に言えばにしか満たない選手)球威があっても打たれる可能性が高いので、注意してください。

Image4_2

球威40C 変化量が高い。技巧派好きにはぜひ

Image6

球威46C(オススメ!)球速高く、変化量、球威申し分なし

Image8

球威44C 平均的な能力。使いやすい。

Image9

球威50B やや左変化量が物足りないが、スタミナが高く、ロングリリーフ可能。

Image10

球威48C 球速と球威が魅力。

Image7

球威45C(オススメ!) 変化量が高く、使いやすい。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リード1で使える投手(リリーフ)

ここでは、リード1で使えるリリーフ投手(WP30以下)を紹介します。

WP20~30の投手は、そのままの能力では厳しいですが、リードスキルを使えば十分に活躍してくれますし、WPの調整にも役立ってくれます

ここでは、私が使えると思った選手を厳選して掲載しています。

Image1_4

球威39D(お薦め!) 装備品+1で球威Cに!

Image2

球威33D 球威少ないですが、WPにしては変化量が高いです

Image3

球威40C 左サイドスローの変則投手

Image5

球威43C(オススメ!)WP30で最もオススメの選手。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)