ファミスタを考察する

打線を考察vol2

みなさん、先日も多数のコメントありがとうございましたm(__)m

やはり一言に打順と言ってもチーム事情などによってキーとなる打者も違って来るんだなぁと、実感しました。

全体のテーマとしても、目指しているものが切れ目のない打線クリーンナップ重視上位打線重視などタイプは様々でした

2番打者の起用法についてもコメントいただきました。

自分はサラダさんの考えと同じで、送りバント等でなんとか塁上にランナーがいる状態でクリーンナップに回したいと考えます。

あと、打人マンさんにコメントいただきましたが、「2番は右打者を置きたい」っていうのもすごく同感です。

無死ランナー1塁でも、どうしてもバントがしづらい場面はありますし

特にパワーがない打者の場合、引っ張ってヒッティングはすごく困難ですから、どうしても流し打ちをする場面が多いんですよね

しかもランナー1・2塁と1・3塁ではだいぶ違いますしね…

でも、複数の公式戦をこなしていると、2番に多村・田中浩康sp(つなぎ2)などを起用している人を結構見かけます

多村なんかバントさせられるバッターではないですからね…2番打者の起用にもその人のスタイルが現れてるなって思います。

違うのはバントに対する価値観でしょうか

ファミスタの仕様的に内野安打が出やすいとはいえ、基本的にはアウトを1つあげる戦術ですからね・・・

同時にファミスタはゲッツーを取られやすいので、ヒッティングはハイリスクなことも間違いないので、どちらが最善の策なのかはわからないですが。

とことん悩み甲斐のあるゲームだなって思いましたf^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も負けん気投手が誕生

Mitsui_2

負けん気発動

Mib1_3 Mib2_3

負けん気+投球術

Mia1_2 Mia2

技巧派投手には投球術が似合いますね

岩瀬には及びませんが、お気に入りの投手です^^

ビハインド時は武田久&三井の左右負けん気コンビでで頑張ってもらいます^^b

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)